close
1.

図書

図書
井口暁著
出版情報: 京都 : ナカニシヤ出版, 2019.3
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
高橋滋, 住友電工グループ社会貢献基金, 一橋大学環境法政策講座編著
出版情報: 東京 : 第一法規, 2016.2
シリーズ名: 一橋大学・公共政策提言シリーズ ; No.3
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
福島原発事故からの復興と原子力損害賠償 : 事故後4年の現状と課題 高橋滋著
原子力損害賠償に関する条約と日本の原子力損害賠償制度 長谷浩之著
事故由来放射性物質汚染廃棄物の処理 : 現状と課題 筑紫圭一著
除染の現状と除染法制の在り方 : 除染費用に関する法的仕組みを中心に 田中良弘著
原発「再稼働」に係る専門的知見の反映 : 新規制基準をめぐる法的課題 友岡史仁著
既存原発に対する安全規制をめぐる法的問題 川合敏樹著
原子力安全規制における地方自治体の役割 : 日米比較 清水知佳著
高レベル放射性廃棄物処理に関わる社会的意思決定の在り方検討 織朱實著
中国における原子力法制 周蒨著
韓国における原子力法制 : その法的仕組みと放射性廃棄物の管理を中心に 尹龍澤 [ほか] 著
台湾の原子力安全規制システム 陳春生
福島原発事故からの復興と原子力損害賠償 : 事故後4年の現状と課題 高橋滋著
原子力損害賠償に関する条約と日本の原子力損害賠償制度 長谷浩之著
事故由来放射性物質汚染廃棄物の処理 : 現状と課題 筑紫圭一著
3.

図書

図書
福島大学原発災害支援フォーラム, 東京大学原発災害支援フォーラム著
出版情報: 東京 : 合同出版, 2013.2
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
学者の本懐とは : なぜ福島大学原発災害支援フォーラム(FGF)が立ち上がったか 石田葉月著
研究者が学術の社会的責任を問い直すとき : FGFとTGFの交流を振り返る 島薗進著
放射能汚染マップが福島の農業を救う 小山良太著
福島原発事故由来の低線量被曝問題にかかわる科学者の倫理 鬼頭秀一著
大学教員の社会貢献活動として何ができるか : 福島大学放射線副読本研究会 後藤忍著
専門知識と事故の状況 影浦峡著
大洪水の翌日を生きる 荒木田岳著
福島県で生活する子育て世帯の現状 遠藤明子著
「科学的評価」は「正しい」か? 押川正毅著
なぜ、サウンドスケープ研究者の私が放射能汚染問題に対して発言を続けるのか 永幡幸司著
早川由紀夫教授の福島第一原発事故に関するツイッターにおける発言についての考察 安冨歩著
うつくしまふくしま未来支援センターの目的と活動 : 原発なき「ふくしま」をめざして 山川充夫著
学者の本懐とは : なぜ福島大学原発災害支援フォーラム(FGF)が立ち上がったか 石田葉月著
研究者が学術の社会的責任を問い直すとき : FGFとTGFの交流を振り返る 島薗進著
放射能汚染マップが福島の農業を救う 小山良太著
4.

図書

図書
U Vunna Sara [ほか述] ; 共同通信社取材班編 ; 加藤典洋解説
出版情報: 東京 : 太郎次郎社エディタス, 2012.3
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
東京新聞原発事故取材班著
出版情報: 東京 : 幻冬舎, 2012.3
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
佐野眞一著
出版情報: 東京 : 講談社, 2011.6
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
学芸出版社編集部編
出版情報: 京都 : 学芸出版社, 2011.7
所蔵情報: loading…