>> Google Books

原発災害とアカデミズム : 福島大・東大からの問いかけと行動

フォーマット:
図書
責任表示:
福島大学原発災害支援フォーラム, 東京大学原発災害支援フォーラム著
言語:
日本語
出版情報:
東京 : 合同出版, 2013.2
形態:
274p ; 21cm
著者名:
目次情報:
学者の本懐とは : なぜ福島大学原発災害支援フォーラム(FGF)が立ち上がったか 石田葉月著
研究者が学術の社会的責任を問い直すとき : FGFとTGFの交流を振り返る 島薗進著
放射能汚染マップが福島の農業を救う 小山良太著
福島原発事故由来の低線量被曝問題にかかわる科学者の倫理 鬼頭秀一著
大学教員の社会貢献活動として何ができるか : 福島大学放射線副読本研究会 後藤忍著
専門知識と事故の状況 影浦峡著
大洪水の翌日を生きる 荒木田岳著
福島県で生活する子育て世帯の現状 遠藤明子著
「科学的評価」は「正しい」か? 押川正毅著
なぜ、サウンドスケープ研究者の私が放射能汚染問題に対して発言を続けるのか 永幡幸司著
早川由紀夫教授の福島第一原発事故に関するツイッターにおける発言についての考察 安冨歩著
うつくしまふくしま未来支援センターの目的と活動 : 原発なき「ふくしま」をめざして 山川充夫著
学者の本懐とは : なぜ福島大学原発災害支援フォーラム(FGF)が立ち上がったか 石田葉月著
研究者が学術の社会的責任を問い直すとき : FGFとTGFの交流を振り返る 島薗進著
放射能汚染マップが福島の農業を救う 小山良太著
福島原発事故由来の低線量被曝問題にかかわる科学者の倫理 鬼頭秀一著
大学教員の社会貢献活動として何ができるか : 福島大学放射線副読本研究会 後藤忍著
専門知識と事故の状況 影浦峡著
続きを見る
書誌ID:
BB11924523
ISBN:
9784772611077 [477261107X]  CiNii Books  Webcat Plus  Google Books
子書誌情報
Loading
所蔵情報
Loading availability information
タイトルが類似している資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

高橋, 滋(1956-), 住友電工グループ社会貢献基金, 一橋大学環境法政策講座, 長谷, 浩之, …

第一法規

林, 勲男(1956-)

明石書店

東京新聞原発事故取材班

幻冬舎

北川, 徹三

日刊工業新聞社

大学基準協会「特色ある大学教育支援プログラム」実施委員会, 文部科学省

[出版者不明]

学芸出版社編集部

学芸出版社

東京大学大規模集積システム設計教育研究センター, VDEC LSI デザイナーフォーラム

東京大学大規模集積システム設計教育研究センター

5 図書 津波と原発

佐野, 真一(1947-)

講談社

11 図書 災害と情報

東京大学新聞研究所

東京大学出版会

大学入試センター

大学入試センター管理部庶務課

12 図書 災害と情報

東京大学新聞研究所

東京大学新聞研究所